もっとも短距離引越し

ホームページの実績(引越し記録)に記載していますが、今までのもっとも短距離引越しは同じ建物での部屋移動です。
普通に考えれば「自分で出来るのでは・・」と思われるのですが、実際、かなりキツイ作業です。

お客様は会社の寮に住んでおられて、同じ寮内での引越しなのですが、寮は建て増しされていて、4階から2階への移動する場合、一旦、1階まで降りて別の階段で2階へ行くと言うことなのです。

最初は、お客様自身が荷物を降ろす作業をされていたのですが、荷物を運ぶ途中で腰痛になり、動けなくなってこちらにお問合わせを頂いたと言う事です。

時期もちょうど、連休が続いた頃で寮には誰もお手伝いをして頂く人もおられない状況でした。
こちらは、電動で階段を昇降する台車を利用したので、さほど、大変では無かったのですが、人力で荷物を運ぶとなれば、ちょっと大変だと思います。

特に、荷物は書籍段ボールが30箱ぐらいあったので、それを階段で昇り降りをするとなれば、腰痛になる危険性がありますので、注意が必要です。

No related posts.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ