クイーンサイズベットの吊り降ろし

今まで、何度かクイーンサイズのベット(200×175×30)を運送したことがありますが・・・
今回は2階のお部屋から階段で降ろせないので、隣のアパートの廊下のフェンス越しに手渡しして降ろして欲しいとの
連絡を頂きました。

まあ、入居する時は、同じように隣のアパートの廊下のフェンス越しに手渡しして、入れたとのことで、一度入ったものだから、
出すことも問題は無いだろうと思いお引き受けしました。

それで、当日、お客様のアパートへお伺いして、状況を見てみると、確かに隣のアパートの廊下のフェンスへ渡せる距離ではありますが、アルミフェンスにプラスティック製の波板が固定してあって、かなり老朽化しています。

ここに重いベットを載せるだけで、波板が破損する恐れがあるので、直接、隣のアパートの1階へ吊り降ろしすることに決めたのですが、実際やってみると、これも、こちらのアパートの壁にベットが当たり不可能でした。

それで、他に降ろせる手段を考えた結果・・
道路側の窓から降ろすことにしました。
その窓の長さが、ちょうど、ベットサイズと同じ、175cmぐらいだったので、ベットは少しぐらい弾力があるので、問題無いと判断したのですが、ここも、フェンス越しになるので、アルミフェンスが破損する怒れがあるので、フェンス自体を取り外すことにして、ようやく、可能になりました。

フェンスのボルトネジは、左右に8ヵ所、下部に4ヵ所を外すことで、2階から吊り降ろすことができたのです。
今回はクイーンサイズだったので、ダブルベットカバーを2枚かぶせて、平ロープを2ヵ所固定することで、うまくゆきました。

ベットの吊り降ろしは問題ありませんが、窓のサイズや降ろす場所、真下にフェンスや屋根など障害物があると簡単にはゆきません。
それから、今回はお客様と二人で降ろしましたが、最低、3人作業する人員が必要です。

No related posts.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ