二段梯子で吊り下げ作業

吊り下げ階段を使ってお荷物を降ろすことが出来ない場合、窓からのお荷物を吊り下げて降ろすと言う作業になります。
今回は、大きな絵画を何点か降ろす依頼が入りました。
降ろすお家は、一戸建ての2階の窓から、玄関下の道に降ろすと言うことです。
依頼を頂いた、お客様は、ご自分の絵画では無く、ご両親が描いておられた額付きの油絵のようです。

階段から降ろせないほどの絵画なので、相当大きなものです。
こういった、お荷物を降ろす場合は、絵画の両端に平ロープを2箇所掛けて、2階のまどから、平行にして、ゆっくり降ろすのですが、窓下に1階の軒が出っ張っているので、少し困難な作業になります。
そのままでは、どうしても1階の軒を擦らさ無ければなりません。

そこで、二段梯子を、軒下から2階窓口まで、立てかけて、その二段梯子をレールにして、絵画を降ろしました。
二段梯子のレールの上に絵画を載せて滑らすと言う方法です。
この降ろし方は、重量がある額付きの絵画でも、問題なく安全に降ろすことが出来るの良くやっている降ろし方です。
今回は、2階からの降ろし作業なので、力はさほど必要は無かったのですが、2階へ吊り上げる作業となると、ちょっと、大変かも知れません。
何れにしても、二段梯子は重宝しております。
難点は、たたんだ状態でも、3メートルはあるので、赤帽車の幌の運転席の屋根側の幌をオープンにしなければ、載せられないと言うことです。

No related posts.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ