危険度は・・・高い!

7月に入り、梅雨の影響もあり、むしむしと暑くなってきました。
昨年のような猛暑が、また、やってくると思えば、今年も何とか乗り越えなければと、空元気だけが出てくる毎日です。

さて、暑さも大変ですが、雨も大変です。特に、台風が近づいてくる前兆と言うか・・・雨と風が局所的にやって来るので、荷物の運搬や高速道での運転がよけいに慎重になります。

台風の季節になると、橋の上で2トントラックが横転しているのを見かけることがありますが、橋の上は風の通り道なので、結構危険ゾーンです。

特に、赤帽車の幌が高いので風の手応えが感じられます。
今年は・・・と言うより、昨年から、異常なほど、災害が次々とやってくるので、これから、何があるか分かりません。想定外と言うことばも言い訳でしかないようです。

それから、毎日運転していると、結構危険なことに遭遇する場合があります。
と言うのは、平日と休日の車の運転状況に違いがあり、休日は平日より、危険度が高く感じられます.

平日はプロドライバーが多いので、交通の流れもスムーズでそんなに危険度は高くはないのですが、休日は不慣れなドライバーが平気で割り込みをしてくるので、危険度は高くなります。

トラックやトレーラーを運転したことの無い方には分からないと思いますが、急に停まらないと言うか・・停まれないのです。

よく、赤信号を直進するトラックやトレーラーを見ることがありますが、ブレーキを踏んでも停まれないのです。

荷物を満載に積んで運転すれば誰でもわかることなのですが・・・そのトラックの前に無理な割り込みをすれば、運が悪ければ、事故になると言うことなのです。

乗用車しか運転したことの無い方は自分の車の制動感覚とか自車での常識しか知らないとおもいます。

危険を危険と知らない(自分の車のようにトラックも停まれると推測)ので、こういった行為をするのではないかと思ったりしています。よって、毎日必ず、首都高では事故が発生しております。

これに巻き込まれないように注意する事が課題なのです。

No related posts.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ