赤帽車のオイル交換

ドレインボルト

赤帽車のオイル交換ですが、私の場合は、走行距離が5000kmになったら交換しております。
ちなみに、オイルフィルタ(エレメント)は10000Kmで交換です。
もちろん、私が自分で交換しています。
今は、1ヶ月5000Kmも走らないですが、以前は、1ヶ月に1度オイル交換をしていました。

それで、このオイル交換作業にも注意点があります。
それは、ドレインボルトです。
自分で交換する場合は、ジャッキアップして、車の下に潜り込んで、ドレインボルト(オイルを排出するボルト)を回して外し、オイルを排出するのですが、何回もボルトをゆるめたり、締めたりして行くうちに、ボルトの角がナメてしまうのです。

要するに、ボルトの角の引っ掛かりがナメて丸くなってしまっているので、めがねレンチで回すことが出来なくなってしまうのです。
特に、車の下に潜り込んでの作業がしづらいので、回すことが出来なくなります。
(この画像も少しばかりボルトの角がナメているので、そろそろ、新しいボルトに交換しなければならないと思っています。)

それで、今回も新しいドレインボルトを購入することを忘れていたせいか、自分では外せなくなってしまいました。
仕方ないので、イエローハットと言うカーアクセサリー店でボルトとオイル、そして、フィルターを買って交換を依頼したのですが、ボルトがナメて交換出来ないとのことです。
これって、私と一緒の結果で、プロのメカニックの腕を疑ってしまいますよね。

またまた、仕方ないので、スバルまで足を運びました。
もちろん、ディーラーが出来ないことはないと思うので、問題ありませんでしたが、スバルは部品が全く在庫していないので、こちらから、ドレインボルトをイエローハットで買って持参したので、これで対応出来たと言うことです。
くれぐれも、ドレインボルトは買い置きが必要ですね・・

No related posts.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ