足場

今日は足場の運送です。

このお仕事は、私に直接の依頼ではなく赤帽千葉の配車センターから頂きました。

 

足場とは、足場資材とか、枠組足場と呼ばれているもので、建設現場で建物の外側に仮設する作業台ですね。

 

この、足場ですが、千葉県柏市から東京都江東区までの運送です。

足場を荷台に積み込むと、荷台が汚れてしまいますね。

 

でも、赤帽は、何でも運びます。

・・・というよりも、私は何でも運ぶというスタンスだからです。

 

もちろん、荷台が汚れるので荷台にはゴム製のマットを敷いています。

そして、次の仕事に備えて必ず掃除をします。

 

赤帽パネルバンそこで、赤帽車には、幌車以外にパネルバンがありますが、パネルバンでは、このような足場の運送は出来ません。

 

というよりも、幌車限定の配車なのです。

つまり、荷主(運送を依頼する側)は幌車限定という条件で赤帽車を依頼します。

 

その限定理由は、2mを超えるフレームなどはパネルバンでは積めないからです。

幌車だったら後ろのアオリを少し下げて対角線状に積み込めば問題なく運送出来ますね。

 

そして、搬入先は工事現場なので、ヘルメットや安全靴の持参を条件にしている企業(荷主)もあるので注意が必要です。

 

もちろん、パネルバンを指定する荷主もいらっしゃいます。

それは、食品関係の会社さんですね。

 

洋菓子などを運搬する場合は幌車ではなく、パネルバンを指定します。

パネルバンは幌車と違って、清潔度が高いことと、ハッチ(扉)がしっかりとしているので、外気を防ぐことが出来るからです。

 

このように、赤帽車には、いろんなタイプの車両があります。

つまり、運ぶお荷物によって、車種が違うということです。

 

これについては「赤帽車の種類と利用方法と注意」をご覧くださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓運送・お引越しの無料見積もりは下記からお願いします。↓

PC注文

上記見積りがうまく出来ない場合は下記からお願いします。

スマホ注文