赤帽とは・・

こちら、赤帽ブクブク・カーゴの奥田です。単身者の引越しを専門に作業及び運搬を行なっております。
赤帽は軽トラックで運送するので、トラックの荷台容量は単身者のお荷物量に適しております。もちろん、大きな荷物として、ベットやソファ、冷蔵庫、洗濯機、箪笥など、ひと通りのお荷物をお持ちだと思いますが、今まで、積み残しゼロで、ほぼ、毎日引越し業務に励んでおります。
赤帽車と言えば、よく、街で見かけると思いますが、幌の付いたトラックやパネルバンなど3つのタイプがあります。引越しを行う赤帽は幌付きのトラックになります。
幌付きのトラックでも、荷台の高さが143cmがよく街で見かける赤帽車です。
引越し専門の赤帽トラックは荷台の高さが200cmあるので、街で見かける赤帽車より、積込み量が大きいと言うことになります。

それから、お荷物を養生するキルティングパットや服をハンガーに掛けたまま運ぶことが出来る、ハンガーボックスは大手の引越センターと同様なサービスをご用意いたします。
また、赤帽であればどこも同じサービスだとお客様は思われている場合が多いと思いますが、赤帽は協同組合であり、個人事業主のため、赤帽マンそれぞれのサービスの違いがあります。

例えば、自転車やバイクは載せないとか・・・お客様も赤帽車の助手席に乗って新居へ向かう(同乗)ことが出来ないとか・・犬や猫などペットは同乗禁止とか・・・それぞれサービス内容が違います。また、料金に於いても違いがあります。
いちばん多いのが、引越し作業に費やした時間で料金を支払うシステムです。これは、赤帽首都圏などからの手配を通じての組合員が担当する場合が多く、担当した組合員の技量によって、お客様の支払う料金が変わってきます。

2時間でいくらとかで、結構安い料金だと思われますが、いざ、積込みを開始すれば、担当の赤帽マンがテキパキと作業しないと当然時間が掛かってしまいますし、運送ルートに於いても渋滞ルートを走れば、これも、時間が掛かってしまいます。
よって、お客様の料金負担が多くなります。「思ったより時間が掛かってしまったので、高くついた!!」などです・・料金を安くあげるには最終的にお客様自らお荷物を運ばなければ、時間短縮にならなくなる場合があります。
その事を改善した、赤帽ブクブク・カーゴ”は前もってお知らせした見積料金が全ての料金なので、時間に関係なく安心して快適な引越しをお約束します。

お見積りは無料見積へ

YouTube

No related posts.

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ